9月 09

読書好きの方や文章を書くのが好きな方にとって、小説を書いてみたいという衝動に駆られることはあるかと思います。文体に特徴があったり、ストーリーの面白さがあるとても魅力ある作品となる小説は誰もが一度は書いてみたいと思うものでしょう。プロの小説家も幼少時代からの体験をもとにした自伝的小説でデビューされる方も結構いるようなので、あなたもそのチャンスはないとは言えないのです。

そこで今では誰もがそのチャンスをものにできるようなシステムがあります。それが電子書籍というものです。この電子書籍はWordなどで文章を入力し、データ化しインターネットを通じて世界中に発信できるものです。この電子書籍の出版をサポートしているのが「ブックスペース」です。ブックスペースで小説家デビュー公式ホームページはこちらです。

自分で本を出版したいと考えている方にはブックスペースがおすすめです。ブックスペース(BookSpace)は簡単に電子書籍が作成でき、しかも安くで自費出版できるウェブサービスです。低額な費用であなたの作品を自費出版し、販売できるというシステムを提供してくれています。できれば小説家デビューしたいと考えている方、それらをすでにいくつか書き留めた作品を準備している方に取っては世に送り出す大きなチャンスがあると言えます。

また、ごまブックスが主催している「シンデレラプロジェクト」に応募し、優秀作品に選ばれるとプロディースをごまブックスが全面的にしてくれるチャンスも待っています。なのでこのプロジェクトに登録されると良いでしょう。小説家デビューを目指したい方やなりたい方は、そのチャンスがある電子書籍のブックスペースのサイトをぜひご覧ください!

Leave a Reply